無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
『JASRACに排除命令』
JUGEMテーマ:ニュース

【日本経済新聞 2009年 2月28日 朝刊】


JASRACに排除命令

テレビ局など放送事業者向け音楽の著作権管理事業を巡り、他書の新規参入を阻害したとして、公正取引委員会は二十七日、日本音楽著作権協会(JASRAC)に独占禁止法違反(私的独占)で排除措置命令を出した。楽曲をいくら使っても使用料が一定率で変わらない契約内容を違反と認定し、使用実績を反映させた料金設定に改めることなどを求めた。


初音ミクを巡る騒動(『初音ミクJASRAC騒動に見る、著作権処理の問題点』)など様々な因縁があるせいかもしれませんが、ネット上においてはヒジョーに評判が良くないJASRAC。
今回の排除命令に対するJASRACの対応に関しても、『到底承服することができません」と断言するJASRACには自浄作用がないのか?』の様に、ネット上では非難ごうごうの模様。


放送事業者向けへの「包括契約」(放送された楽曲の数に関わらず、放送事業収入の何%というように一定料金を支払う契約)に関する問題ということで、この問題の推移によっては経済的ピンチに陥っている放送局の出費がますます増える可能性も・・・なんてことを考えてテレビっ子の私は変な不安に駆られてしまいました。


【関連リンク】
『「徹底的に争う」とJASRAC加藤理事長 排除命令、YouTubeやニコ動に影響は』(「ITmedianews」)
『JASRAC、公取委の排除命令に「承服できない」〜審判請求へ』(「Internetwatch」)
| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
『専用サイト利用が急増 カカクコムなど1月、最高更新』
JUGEMテーマ:ニュース

【日本経済新聞 2009年 2月27日 夕刊】

専用サイト利用が急増
カカクコムなど1月、最高更新

お目当ての商品がいくらで売られているかインターネット上で調べられる価格比較サイトの利用が急増している。最大手のカカクコムが運営する「価格.com」の一月の利用者は前年同月比四三%増の千八百四万人と一ヵ月あたりの過去最多を更新した。


そりゃー、そうでしょうよ。
これだけ消費に関して皆が慎重になっている現在、「価格.com」のユーザー数が増加している、というのは全く想像に難くありません。
が気になるのは記事の次の部分。


一月はベンチャーリパブリックの「コネコネット」の利用者も同二割増の六百万人、比較.comの「比較.com」も三割増とそれぞれ過去最高。ECナビ(東京・渋谷)の「ECナビ」も最多だった昨年十二月とほぼ同水準を維持した。


なんてことはない。
私は「コネコネット」を知らなかったので「へ〜」と思ったってだけの話。
それにしても、「コネコネット」も価格比較サイトの様なんですが、どういった点で「価格.com」と違いがあるんでしょうか。
どちらも取り扱っている商品の幅はどちらもかなり多岐にわたっていますし・・・どうなんだろう?


「価格比較サイト カカクコム、ベストゲート、コネコネットの比較」によると、圧倒的に「価格.com」に軍配が上がっているとしても、出店者に対する料金設定もほとんど変わらず、大きな違いがあるように思えず・・・どなたか「こんな所が違う!」というのがありましたら、コメント欄なんかで教えて頂けると助かります、なんて募集してみるテスト。


【関連リンク】
『2009 逆風に立ち向かう企業」カカクコム:消費者の買い控え傾向は追い風だ』(「ITmedia エンタープライズ」)
| haribo | 日経記事 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
『携帯でトラブル 中高生7割経験』
JUGEMテーマ:ニュース
 
【日本経済新聞 2009年 2月26日 朝刊】

携帯でトラブル
中高生7割経験


文部科学省は二十五日、子供の携帯電話の使用実態について初の調査結果をまとめ、掲示板で悪口を書かれるなどのトラブルを中高生の約7割が経験していることがわかった。中学二年の三人に一人が一日三十件以上メールのやり取りをするなど”携帯依存”の要素も浮き彫りに。携帯の利用ルールを巡り、親子間の意識のズレがあることも明らかになった。

携帯メールのやり取りも頻繁で、中二では一日のメール送受信件数が五十−九十九件の生徒が十二・二%、百件以上も七・三%おり、三人に一人が三十件以上だった。


うーん。
思うんですが、これだけのメール件数をやりとりするとなると、おそらくは一件の文字数が少ないのに違いないですよね。
「今なにしてる?」というようなツイッター的メール。
ということは、中高生の間でツイッターが流行ってたりなんかして・・・とか考えていたのですが、当たらずも遠からずでした。


現役高校生の携帯事情を聞きとった 
『「mixiって何ですか?」大分県の現役高校生が語るケータイ事情』という記事において、現役高校生の言葉の中に「りある」という携帯サイトが登場します。
サイトの説明によると、「りある」は、『完全無料で作成できる携帯電話専用のミニブログチャットサービスです。ケータイでコメントを投稿し、それを見たメンバーがまた投稿することで会話が出来ます。位置情報機能付だから近くのメンバーを検索してメッセージを送ることも可能です。いつも持ち歩いている携帯電話で使えるサービスだからこそ、いつも「りある」に友達やメンバーとつながっていることが出来ます。』というもの。


おお!まさしくツイッター的サイトじゃないですか。
このリアルに関しては全くの初耳だったので、非常にびっくり。
完全無料のサイトなので、中高生が大ハマリするのも頷けます。
しかも、『「mixiって何ですか?」大分県の現役高校生が語るケータイ事情』で出てくる大分の高校生の1人は、画面保存してから接続を切ってみているとのこと。親にどれだけ利用しているかわかられない様にする為の処置とのことですが・・・抜け目ないぜ今時の高校生!


【関連リンク】
『携帯でトラブル、中高生の7割が経験=文科省携帯でトラブル、中高生の7割が経験=文科省』(時事通信)
| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『霊きゅう車、小ぶりに 光岡自動車、4割安く』
JUGEMテーマ:ニュース

 
【日本経済新聞 2009年 2月25日 朝刊】


霊きゅう車、小ぶりに
光岡自動車、4割安く



光岡自動車(富山市)は新型の霊きゅう車「ミツオカリムジン・タイプ2−04」を二五日に発売すると発表した。全長約五・二辰販遒ゅう車としては小ぶりな車体を採用して運転しやすくしたほか、価格は従来品より約四割引き下げた。受注生産で年内に約二十台の販売を見込む。価格は五百二十二万九千円から。米アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」の構想の端緒となった書籍の著書が勤めていた葬儀社から光岡自への依頼がきっかけで、同社は一九九四年ごろから霊きゅう車の輸入販売を開始。二〇〇二年からは製造も手掛けてきた。



『「おくりびと」100カ国届く!』などオスカー受賞を受けて絶好調の映画「おくりびと」。
関連商品も絶好調のようで、
『「おくりびと」原作本バカ売れ!発行部数30万部』なんて言うニュースも出てきております。
そんな中で出てきたある種究極の便乗商品がこちらの霊きゅう車。


霊きゅう車


勿論、オスカー受賞前から企画されていたものらしく、光岡自動車は「おくりびと」原作本を書いた方が役員を務めている葬儀社から注文を受けて霊きゅう車を15年前から作っていたとか。


考えてみれば、葬儀が多様化しているのに霊きゅう車だけみな似たようなもの、ってのは変な話でしたね。
私は暇だと「自分の葬式はどんな感じがいいかな?ただ、流す音楽はOASISの『Live forever』な。」とか考えて楽しんでいるんですが、あの仰々しいあのよくみる感じの霊きゅう車で運ばれるって、考えてみるとなんか恥ずかしいですもんね。



【関連リンク】
『光岡自動車』
『光岡自動車:死者に尊厳「おくりぐるま」 新型霊きゅう車、映画をヒントに開発』(「毎日新聞」)

| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
『ドコモ、携帯で独自にSNS』
JUGEMテーマ:ニュース

 
【日本経済新聞 2009年 2月24日 朝刊】

 
『米アカデミー賞「おくりびと」「つみきのいえ」 「世界の邦画」高まる期待』や 『広告費5年ぶり減 ネット、全体の1割減』など、取り上げたいニュースが多いんですが・・・今日はあえてこちら。


ドコモ、携帯で独自にSNS

NTTドコモは三月二日、携帯電話向けネット接続サービス「iモード」の加入者を対象にした独自の交流サイト(SNS)「ドコモコミュニティ」を始める。利用料は無料(パケット通信料は別)で、家族や親しい友人と写真や日記、スケジュールを共有できる。情報の公開範囲を制限するなど安全面に配慮した点をアピールして普及を目指す。



「携帯電話向けSNS「au one GREE」の会員数が300万人を突破、岸部四郎さんのCMが話題に」というニュースもありましたけど、携帯キャリアが提供するSNSとしては、auが頭1つ先行しているイメージがあります。
ソフトバンクも中国のSNS会社を買収したり、Myspaceの日本版を提供したり色々いるようですが、「au one GREE」にあるような勢いはあまり感じられません。


そういった中で、静観している観のあったDocomoがついに携帯SNSに本格的に打って出る!という今回のニュース。
果たして携帯SNSとして、どういった独自性を打ち出したサービスを提供してくれるのか・・・これからも注視していきたいところです。

| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『地方を襲う消費不振 百貨店撤退 中心街存亡の危機』
JUGEMテーマ:ニュース
 

【日本経済新聞 2009年 2月23日 朝刊】

地方を襲う消費不振、百貨店撤退
中心街 存亡の危機

広がる消費の低迷から、全国で百貨店の閉店や進出断念が相次いでいる。中心街地は集客のかなめである百貨店が消え、存亡の危機さえ迎えかねない状況だ。町ににぎわいを取り戻すための計画は大きく見直しを迫られ、新たな打開策の必要性を突き付けられている。


この記事では浜松・旭川・鹿児島を取り上げていますが、このエントリーでは特に浜松についての部分を引用します。


浜松氏の中心市街地活性化基本計画はこの不況の影響で、計画の抜本的見直しを迫られている。
計画の柱は大手百貨店、大丸の誘致だったが、業績が悪化。一月待つ末に進出を白紙撤回したからだ。計画の大前提を失った今、浜松氏は新たな道筋を探ることを余儀なくされている。


「浜松市ヤバイ!政令指定都市なのに廃墟っぷりが凄い!」という記事で、閑散とした休日の浜松のメインストリートを見て以来、「こりゃあ確かにヤバイ」と思っていたのですが・・・(皆さんもぜひ飛んで写真を見てみてください)
大丸の進出撤回によって、商店街の店舗では相次いで「閉店セール」が開催されてしまうような緊急事態。


「オフィス誘致」に施策を転換して、色々策を講じていくみたいですが・・・記事には具体的にどういった方針になるのか書いていないので判断は出来ませんが、これまた簡単な道ではなさそうです。


【関連リンク】
「浜松市の「佐久間レールパーク」11月1日で閉園へ」(「YOMIURI ONLINE」)
| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『内向き志向 鮮明に 停滞するヒト・モノ・カネ』
JUGEMテーマ:ニュース

  【日本経済新聞 2009年 2月22日 朝刊】

内向き志向 鮮明に
停滞するヒト・モノ・カネ


世界的な景気の急激な悪化で、日本経済を支える人・モノ・カネの動きが停滞している。世界の貿易量は昨年十−十二月期のに戦後三番目の減少率を記録。一月の輸出額は単月で前年月比半減が見込まれ、モノの停滞ぶりは鮮明だ。人の出入りも減り、訪日外国人数は一月まで三か月連続で二ケタ減となる可能性がある。経済の先行き不安から支出などを抑える内向き志向が背景にあり、不況が長期化する恐れが強まっている。


「外国人観光客さんが全然いなくって、お参りするのが楽だった」とは、毎月浅草・浅草寺にお参りに通っている祖母の談。
私も先日秋葉原に行った時のことを思い返してみると、確かに観光客っぽい人が少なかったかも。
不況に加えて円高なので仕方ないと言えば仕方ないですが、24%とはかなりデカイですね。


記事によれば、訪日外国人数は24%減、海外への訪問人数は7%減(08年12月、前年同期比)とのこと。
外に出る人の流れも滞っているんですね。
最近、卒業旅行のために色々海外ツアーを見ていたんですが、はじから催行中止になりました、ヒジョーに面倒くさかったのも思い出してみたり。


記事によると、今年半ばに景気に底入れ感が出て、急ピッチで進む減産や在庫調整が一巡すれば、再びヒト・モノ・カネの動きが息を吹き返す可能性があるとの事ですが・・・こうも経済の減速を肌で感じさせられると、どーも景気が良くなるなんて想像しにくいですね。
強いて例えるなら、2月に春物の服を見せられても、全く着ている自分を想像出来なくて、買う気にならない感じ?


【関連リンク】
「内向きになる日本」(「池田信夫blog」)
「『内向き』で何か問題でも?」(「内田樹の研究室」)
| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『ジョルダン お花見スポット 携帯で経路案内』
JUGEMテーマ:ニュース

 

 【日本経済新聞 2009年 2月21日 朝刊】

ジョルダン
お花見スポット 携帯で経路案内


インターネット上で経路探索サービスを提供するジョルダンは、携帯電話向け有料サイト「乗換案内NEXT」でお花見スポットを紹介するサービスを始めた。全国六百ヵ所以上の名所について見ごろの時期やサクラの画像などを掲載、経路を案内する。月額利用料は二百十円。

(今回はまたもや切り抜いた記事をなくしてしまったので、「日経ナビ:業界別ニュース」から記事を拝借しました。


「2009年桜開花傾向発表」によると、今年の東京都心の桜の開花時期は3月20日頃とかなり早めなんですね〜・・・というところでこのサービス。
お花見スポットと言われて思いつくのは、「新宿御苑?」ぐらいの知識の私としては、ちょっと使ってみたいサービスかも。


3月後半と言えば、就活シーズン真っ盛り。
就活生が最も乗換案内を使いまくる時期ですよ、おそらく。
面接でギスギスした心を癒す為に、空き時間にちょいと桜の名所を検索、面接会場から足を延ばして桜を見に行ってはいかがでしょうか?


って、なんか今回はジョルダンの回し者みたいな文ですね(笑)

| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『米経済誌が発表 日本富豪1位、ユニクロ柳井氏』
JUGEMテーマ:ニュース


 【日本経済新聞 2009年 2月20日 朝刊】

米経済誌が発表
日本富豪1位、ユニクロ柳井氏


米経済誌フォーブス・アジア版は十九日、二〇〇九年版の「日本の富豪四十人」を発表した。カジュアル衣料品専門店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正社長が初めて首位になった。資産額は六十一億法別鷂淦藜敬寛円)で前年に比べ十四億冒え、トップに上昇した。


ブラック・ジャック先生じゃないですが、「金はあるところにあるんでね」って感じの記事。


どうでもいい話ですが、私はこのニュースを聞いてビックリしました。
なぜかと言うと、この柳井さんがテレビに出てくる度ユニクロのセーターやらフリースやらを着ていたので、大富豪として彼のことを見たことがなかったからです。
柳井さんは安いからユニクロの服を着ているわけじゃなくて、自社製品だから着ていたんですよね。
考えてみりゃそうだ(笑)


SCなどで必ず見かけるブランド「Jクルー」の撤退(「『レナウン、不採算15ブランド廃止 「Jクルー」「アール」など』)に驚かされましたが、アパレル業界も苦しい状況の中、ユニクロは立派。
勝手な分析ですけど、「Jクルー」は安いのを求める人にとってはちょっと高すぎる、かといってハイブランド好きの人にしてみれば安すぎる、というブランドとしての中途半端さが撤退につながってしまったのではないのかな〜と思ってみたり。
そういった点でユニクロは、非常に潔いブランドですよね。
よっ!アパレル界の吉野家!


【関連リンク】
Japan's 40 Richest」(「Forbes.com」)
「ユニクロ・柳井会長「日本の富豪」1位」(「SANSPO.com」)
| haribo | 日経記事 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
『サイト絡む事件 18歳未満の被害者 「非出会い系」目立つ』
JUGEMテーマ:ニュース


 【日本経済新聞 2009年 2月19日 夕刊】

サイト絡む事件 18歳未満の被害者
「非出会い系」 目立つ



昨年一年間に自己紹介の「プロフ」など出会い系サイト以外のサイトをきっかけとした、児童買春・児童ポルノ禁止法違反や殺人未遂など十罪種での摘発が九百九十四件、被害にあった十八歳未満の男女じゃ七百九十二人に上ったことが十九日、警察庁のまとめでわかった。被害は出会い系サイトが絡む事件を上回っており、同庁は法規制のない「非出会い系」をきっかけにした犯罪が増える可能性があるとみている。


と、まあこんな記事を読んだところで、電通総研が現代の10代の若者の生態をまとめた『「他己受け」の時代』というレポートを発見。


このレポートによると、今の十代の子たちにとって、最大の価値観とは「絡みやすい」ということ。
携帯電話という常に世間と繋がれてしまう手段を持っているが故に、「孤独感」に悩まされる彼らは、寂しさを解消してもらうためにいつも「誰か絡んで〜」とブログやプロフで主張している・・・というのがざっくりとした内容。


携帯電話というメディアがもたらした「孤独感」というのは、散々語られてきたことでそんなに目新しさはないですよね。
でも、、「中高生はネットを自由に駆使して大勢の人とと交わっているというのは幻想。10人程度の友達の輪をいくつかかけ持ちしており、その輪からネズミ講的に情報が広がっていく」とか、「10代の子に興味を待たせるには何より絡みジロが必要。」とか、細部はなかなか面白くて読みごたえあります。



とまあ、それだけ「絡む」ことを重視する彼ら彼女らは、コミュニティの利用回数が半端じゃない。
電通調べによると、10代のコミュニティ利用率は88%、一日の平均コミュニティサイトアクセス平均は5.4回。
そりゃそんだけ利用してりゃ、良からぬ目にもありますがな。
私はただ単に、街に出ていた子たちの出会いの場が、ただ単にネット上に移行しただけで、そんなに絶対数は変わってないんじゃないかな〜とも思ったり。
まあ、いい加減な印象論ですけどね。



最後に話は脱線しますけど、「絡みやすい」とか「絡みずらい」とか生きにくい世の中ですね。
今の子達はアンタッチャブル山崎を見習えばいいと思います。
このハートの強さと、他己ウケも勿論芸人だから考えてるだろうけど、何より自分でこんだけ好き勝手して楽しんでるのは立派。


ま、こんだけ長いエントリはただこの動画を紹介する為の前フリだったってわけです(笑)


『羞恥心 アンタッチャブル山崎乱入』


| haribo | 日経記事 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |